いい加減インターステラー感想途中まで書いてた奴を完成させました。何でこんなに時間経ってるのかというと事象の地平面に近づき過ぎたからに決まってるじゃないですか、やだなあ。

この映画観る前から凄いと聞いてたけど何が凄いってこれを映像化出来たことも凄いしこのテーマを映画として大衆が共有できるのも凄いし人類凄いって感じでもうすんごい。あとマニアックで難解なテーマを娯楽性を保ったまま説明してくれるのも凄いし、心理描写もすごく丁寧に描かれてるから3時間なんだなあ。2001年宇宙の旅みたいな難し気なラストも格好良いけどこっちの方がやっぱりスッキリするな。インターステラーなら難しいけど何が分からないのかまでは分かるので調べたくなるし興味でるです。

はい。下は私が書くまでもないですがあらすじ。

不毛の地となりつつある地球、滅びを待つ人類のもとに突如現れたワームホール。
向こうには人の住める星があるのだろうか。
死を待つ地上に残した娘の為、人類の為、父はワームホールへと発つ。

娘の部屋に起こったポルターガイストが全ての始まりというオカルトチックな出だしで始まって最後には全て理屈の通った一本道になるストーリー超かっこいいですねー。展開は相対性理論を利用した見所が満載。相対性理論とそれに対峙した人間のリアルな非力さ本当愛おしい。正直相対性理論が何かよく分かってないけどこの映画観てこの言葉使うと頭よくなった気がするのでオススメです。距離と時間の関係が際立つ宇宙ならではのスケール感と人間の意思や感情を貴賤なく描かれてるの魅力的で感動しました。

続きからネタバレします。


マン博士がドッキング失敗して爆発するのほんとにね。卑怯者らしい最期で…

私も気をつけようと思ったね!

ブラックホール以降はクーパーとTARSの会話についていけなくて
字幕の意味が分かる前に進行していく話を追うのに必死だったんですが
つまりクーパーらは時間が物理的事象である次元に拾われて(はまって?)、そこからマーフへの愛(次元を超える観測可能な力)によってを空間を超えて彼女の元にある腕時計を動かしたという理解でいいのだろうか。彼ら(未来の人類)は既に五次元にいて(?)そこからクーパーと人類を救ったのかな?うーん間違えてたらごめんなさい。TARSが回収した量子データも具体的に何なのか分からなかった…。重力制御を可能にするに必要な何かの値?観る人によってはこの辺は神秘主義的な印象を受けることもあるみたいですが・・・

理系な知識があれば分かるんでしょっ?この数学0点野郎にも分かるように説明して誰か!

私の数学0点事件はさておき過去を変えようと本棚叩く姿に涙腺があれでした。多分私は叶わないはずのことを叶えるためにもがいたり時空を超えちゃう話が大好きなんですね。その中でも感情論とか根性論で片付けるんじゃなく理屈っぽくて説得力があってなおかつ救いのある話が好きです。FolksSoul然り。

しかしなあ、最後カドマンズの星でヘルメットをとる博士のシーン、
人類としては救われるシーンだけど恋人の死が確定で辛い…
あれで接近遭遇が死んだ恋人の方だったら声出して泣いてた。
しかも博士は地球にいた人類が救われたことも知らないしクーパーも死んだと思ってるし。

あああクーパーが向かうことになって本当良かったよね。早く到着しろ!
TARSちゃんが復活したのも嬉しかったです。


2月15日:追記しました↓
http://oboro.blog.jp/archives/1019866013.html